忍者ブログ
[1] [2] [3]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

 

タイトル:白い焔(しろいほのお)
ジャンル:ホラーアドベンチャーゲーム
プレイ時間:30分弱

シナリオ:有沢翔治
グラフィック:水島、球児
スクリプト、システムデザイン:球児

ストーリー:小松康介は寺生まれ。そんな彼の元に、友人がおかしくなってしまったと駆け込む女性、鏡子。

「目はうつろでくねくねと身体を動かしているんです」

事態の収束のため鏡子と調査をはじめるのだが…。
都市伝説『くねくね』を題材としたホラーアドベンチャー。

進捗状況:現在60%完成。

シナリオは、一年前すでに有沢さんは終わらせている状況なのですが、前作「かんふーくーにゃん!」の完成を優先させたため大分遅れての着手となりました。

主人公は「怪奇探索少年隊」で蓮の叔父兼ゲームアドバイザーとして登場した、「ワカメ先生」こと小松康介。
時期的には、少年隊の活躍から少し後の夏休み最中での出来事となります。
水島さんのラフ絵を見ての通り、キャラデザは私の強いリクエストによりイケメンに描いていただいております。

今年中に公開できるかと思います。
完成までしばしお待ち下さい

球児
PR


スペースに立ち寄っていただいた皆様、ありがとうございました!
新刊は2013年作品の設定集と怨霊日誌の体験版でしたが、持ち込み分が少ないこともあり完売することが出来ました。既刊怪奇探索少年隊の設定集も、1部だけ残り他持ち込み分は買って頂き、とても嬉しかったです。
そして来年の夏こそ新作ゲームを出すぞ!と意気込んだのでした。

同人ソフトのエリアは、10:00くらいは人もまばらだったのですが、昼に近づくにつれ人でごった返してすごく賑わってました。
私もお目当てのゲームをほぼ全て買えて大満足でした。

1人で参加したので心細くもありましたが、他サークルの方が挨拶にこられたり(本当にありがとうございます)、隣サークルさんと色々お話が出来たり、他サークルさんのスペースを参考に出来たりと充実した1日となりました。

次回のイベントは来年の夏コミに参加できればいいな。

ここから先は次回の夏コミ参加に向けての反省点となります。
※こちらのページはコミケ当日まで随時更新していきます

コミケ当落結果ですが、当選してました。
3回目の参加となりますが、ここまで落選無し!幸運に感謝!
スペースは

日曜日 西地区 "う" 16a
場所:twitcmap

となっております。
頒布内容は、

新刊----------------------------------------------

2013年作品設定集「Dreaming!」
収録作品:DOKI★DOKIラブパニック/ひんじゃく姫/Triangularworld
B5サイズ(オンデマンド印刷)/表紙カラー/ページ数31P/¥500
キャラクター設定、他イラスト・シュートコミックを収録予定
表紙イラスト:夢、牛太郎
イラスト寄稿:夢、nann





ホラークリックゲーム「怨霊日誌」
CD頒布/プレイ時間約30分/無料配布(小数部です。お早めに)





学級崩壊クラスの担任教師が自殺。
その後怨霊となり生徒に恨みを抱き、
学校を彷徨いまた呪いの犠牲者が。
哀れな怨霊のために、その出席点呼に
元気な声で応えてあげてください。

マルチエンドの1ルートを最後までプレイ出来る予定です。
約15分ほどのボリュームです。
完全版完成予定は未定。

既刊----------------------------------------------

怪奇探索少年隊設定集<永久保存版>
B5(オンデマンド印刷)/フルカラー/20P/価格  800円 SALE! 500円
攻略情報や、キャラクター設定、舞台設定、その後の少年隊の書き下ろしミニシナリオ 、4コママンガ収録
表紙イラスト:アワラギ

 



となっております。

本を読みながらのんびりスペースで待機している予定なので、どうぞお気軽にお越し下さいませ。

球児




カンフー系乙女ゲーム「かんふーくーにゃん!」公開しました。

http://www.freem.ne.jp/win/game/6812

フォロワーさんに「作ってほしいゲームありますか?」って募集してはじまった企画です。
今、確認したら「ジャッキーチェン映画みたいなカンフーアクション要素取り入れた乙女ゲー」というリクエストでした。
大分逸れたよ。これがBlue Line Gamesクオリティ。

ひんじゃく姫のシナリオ空さんを始め、グラフィックスタッフも引き続き参加していただき、ニューフェイスに主人公ジャッキーを描いたメンタさん、ユンを描いた水島さんを迎えて製作しました。
昨年の9月から製作が始まり、ようやく公開に至ることが出来ました。
設定やプロットを見ただけで「ちょっと頭おかしいんじゃないか」って思うような企画に付き合ってくれて、スタッフの皆様には心から感謝致します。

ストーリーはコミカル、ギャグ系で各所でクスッときます。ギャグにキレがありブラックユーモアもあるシナリオライター空さんのファンになること間違いなし!これを期に「ひんじゃく姫」もどうぞ!(宣伝)



 かっこよく強くもあるカンフー少年たち3人を攻略できます。
是非プレイしてみてください。

球児
第9回ふりーむ!ゲームコンテストの結果発表が行われました。
結果なのですが、恐れ多くも参加作品2作とも受賞を頂くことができました。

DOKI★DOKIラブパニック お笑い部門金賞
Triangularworld 短編部門銀賞受賞

DOKI★DOKIラブパニックがお笑い部門で金賞!?笑い!?本当ですか!?いいのですかふりーむさん。

この作品は7年前ほどに公開停止しリメイクで再公開した経緯があります。
公開停止の理由は「ギャグが寒いんじゃないか。すべってるんじゃないか」という恐れだったのですが、今回受賞に至り製作への自信を取り戻しました。
基本分担共同制作のBlue Line Gamesですが、唯一私球児が企画、シナリオ、システムデザイン、イラスト、スクリプトをこなした作品がこのような賞を頂けるに至り、大変光栄です。

ピクセルと先生を担当しスチルも何枚も描いてくれたグラフィッカー夢さんの力も大きかったです。
見てください、サムネがどう見ても普通の胸キュン乙女ゲーにしか見えませんから。ウフフ・・・。

http://www.freem.ne.jp/win/game/4832



また、Triangularworldで短編部門銀賞も思いがけない嬉しい受賞でした。
最高のシナリオライターさんとグラフィッカーさんで作った、大切な作品であります。
ああ、ちゃんと見てくれる人はいたんだと、震えるほど心から嬉しく思います。

コメントで黒幕の意外性について少し触れられてますね。
そうなんです!この作品の熱い展開球児イチ押しシーンはそこなんですっ!
前半の乙女ゲームらしいハーレム祭りも必見。
まだ未プレイの方は是非この機会に触れてみてください。
二束さんの美しい文章、牛太郎さんの美麗なグラフィックに引き込まれること間違いなしです。


http://www.freem.ne.jp/win/game/5963



受賞した2作は、Blue Line Games2013年作品設定本として設定、イラストが収録される予定です。
夏コミに受かれば新刊として頒布します。



どうぞよろしくお願いします。

球児
プロフィール
HN:
球児
HP:
性別:
女性
自己紹介:
Blue Line Gamesの管理人球児がお知らせ等を投稿します
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Blue Line Games Blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]