忍者ブログ
何故白い焔が作られることになったのか。偶然が重なった幸運から始まったと思います。
おもしろいので、記事にしてみました。

①エイプリルネタでワカメ先生が主人公の嘘ゲーム企画をやる(2012)
②昨年、ネタもなくなったので、リクエスト企画を衝動的に立てる(2013)
③有沢さんが、乗ってくれた!!

企画のきっかけとなったやり取りは以下になります。

シナリオは有沢さんに全てお任せして、今年ようやく製作に入ったのでした・・・
ツイート時期を見ると、きっかけのエイプリル企画が2年前。数年越しの着手です。
こんな感じで、着手まで遅れましたが完成まで後少し。
読むのが早い方だと30分くらいで終わる短編ですが、有沢さんのオカルトザ雑学ネタも健在です。ビジュアルノベルverの貴重なかっこいいワカメ先生が見れます。
 
余談ですが、嘘企画に登場した蓮の姉は、今回出てきません。
いつか彼女の話も・・・なんて。
PR
 

 

タイトル:白い焔(しろいほのお)
ジャンル:ホラーアドベンチャーゲーム
プレイ時間:30分弱

シナリオ:有沢翔治
グラフィック:水島、球児
スクリプト、システムデザイン:球児

ストーリー:小松康介は寺生まれ。そんな彼の元に、友人がおかしくなってしまったと駆け込む女性、鏡子。

「目はうつろでくねくねと身体を動かしているんです」

事態の収束のため鏡子と調査をはじめるのだが…。
都市伝説『くねくね』を題材としたホラーアドベンチャー。

進捗状況:現在60%完成。

シナリオは、一年前すでに有沢さんは終わらせている状況なのですが、前作「かんふーくーにゃん!」の完成を優先させたため大分遅れての着手となりました。

主人公は「怪奇探索少年隊」で蓮の叔父兼ゲームアドバイザーとして登場した、「ワカメ先生」こと小松康介。
時期的には、少年隊の活躍から少し後の夏休み最中での出来事となります。
水島さんのラフ絵を見ての通り、キャラデザは私の強いリクエストによりイケメンに描いていただいております。

今年中に公開できるかと思います。
完成までしばしお待ち下さい

球児

 


4月バカ企画、お付き合い頂きありがとうございました。

2014年は、ひんじゃく姫がアニメ化したというネタで挑みました。
ボイス有り動画を製作するのは初の試みでしたが、こういう音声付動画というのは、ボイスコが主役ですね。アンナが生き生きしていて、感動しました。
可愛らしいくも毒のあるアンナを演じて頂いたのは、紗倉妃芽さんです。ありがとうございました!

紗倉妃芽さんウェブサイト
http://3egaonohana3.web.fc2.com/

シアフィの声を担当したのはまさかのシナリオ担当の空さんです。
無理を言い、女性声に加工までして頂いてありがとうございます。手間&手間をかけて申し訳ない。あと無理強いしてすまないと思う、本当に反省している。

上にもありますが、ひんじゃく姫のページにもyoutubeのリンクを貼っているので、いつでも見てってくださいね。

さて、サイトは「かんふーくーにゃん」製作モードに入り、公開までもう少しです。

球児






 


「かんふーくーにゃん!」乙女ゲームを製作中です。
カンフーを題材とした乙女ゲームでして、ひんじゃく姫の空さんにシナリオを担当してもらってます。あんな感じのゲームです。

製作進行率は50%くらいでしょうか。
シナリオは完成済みです。
すでに絵師さんにイラストはほぼ用意してもらってるので、あとはひたすらスクリプト作業を進めるのみ。
某コンテストに参加予定でしたが、間に合いそうも無いので、とある記念日に公開予定です。

Blue Line Gamesのツイッターで、名古屋コミティア(3月)に参加予定とツイートしましたが、こちらも見送ることにします。
夏コミに申し込みはしました。

次のブログ更新は、完成直前か完成時にします。

球児


プロフィール
HN:
球児
HP:
性別:
女性
自己紹介:
Blue Line Gamesの管理人球児がお知らせ等を投稿します
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Blue Line Games Blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]