忍者ブログ
ノベルゲーム「転生天命」が公開されました。

DLはこちらから

転生天命とは??

・当サークル人気NO.1作品「怪奇探索少年隊」絵師アワラギによる・・・

・オリジナルコミック「転生天命」のゲーム化作品であり…閲覧はこちらから

ノベル形式によるアドベンチャー作品であります。

アワラギ運営の別サイト「あ行。」にて公開中です。

ホラー風ではありますが表現は極々ライトなものとなっておりますので、
苦手な方にもオススメです。

魂の訴えは何なのか。真のエンディングにたどり着くには、プレイヤーの選択肢が運命を左右します。ゆるくコミカルなキャラの掛け合いの中、
すこーし試行錯誤が必要です。

BlueLineGames作品のキャラクターもゲスト登場させていただいておりますので、気になる方は是非プレイを。

自作品のキャラクターが
、別の作品でも活躍するのはうれしいですね。
作者の手を離れ、成長し、とある運命線を辿ることを見届けることができて、作者冥利に尽きます。
このご縁が、また次の作品へリンクできるといいなと、妄想だけは捗ります。

八知と中身の数奇な運命を、是非ご覧下さいませ。


球児
PR

あほげーとは、24時間であほなゲームを作る企画です。

今回のお題は「トミー」です。
トミーって…なんですか?まじ意味不明なんですけど…他の製作者さんも困ってるし…このお題で頑張ってみました。

ツイッターのタイムラインに流れてきたので、ノリで参加してみました。
ブラウザゲーで参加しなければならないため、
「ノベルゲー ブラウザ 簡単」で検索し、難しい知識の一切要らない箱庭ノベルズを見つけ、製作しました。
クオリティもあほらしい適当さでいいだろうと1時間程度で作りました。

他の皆さんが知識と技術を培ったアクションゲーで参加されているのに、自分はなんでテキストを読むだけのもので参加してるのだろうと顔真っ赤&申し訳なさでいっぱい。
11月のイッピから私は何をしてるんだろうと、ハッとしました。
楽しかったです。

参加されている方の作品はおもしろいものばかりで、今後も積極的に参加していきたいなと思いました。

よろしければプレイしてみてください。
うちのはやらなくて、あほげー参加作品は是非!楽しいものばかりです。

11/4 追記

あほげーランキング現時点では(今後変動あるとおもいますが)16位でした。ありがとうございました。


球児
サークル名の由来について。

第一作目の「怪奇探索少年隊」は、
当時プレイしていたBlue Tea GamesBigFishGamesでゲームを公開してます)のアイテム探しゲームをリスペクトして作っておりました。

Blue Tea Gamesへの憧れからその「Blue ... Games」を拝借。

「Line」青く美しい水平線をイメージに。

こうしてBlue Line Games に決定しました。

しかし激似の名前のゲームチームが存在することが発覚。
その名も「BlueLineGameStudio」さんです。
steamでゲームを公開されている海外のゲーム会社なのですが、最近なんと中の人ご本人からリプが来ました。


訳:なんで私にリプが来ているのかわからないんですが 訳:すいません。多分貴方と私のアカが似てるからタイプミスだと思います 訳:ハハ、クール。貴方の名前はどこから?会社?店?ギルド? 訳:日本で趣味でやってるビジュアルノベルのチームです。名付けたのは貴方より後だけど、偶然の一致です。 訳:ベリークール!ノベル頑張ってください。出来上がるのを楽しみにしてます。

(↑あやふや英語力なので訳が合ってなかったらすいません)

わー!とてもいい方です!
名前が激似の上、ツイッターの名前に関しては完全に一致だったので、怒ってらっしゃるのか心配でしたが、大丈夫みたいです。

Blue Line GamesはBlueLineGameStudioさんを応援しています。

これからもBlue Line Games をよろしくお願いします。
Blue Line Gamesの新作や製作中の状況をこちらで記事投稿していきたいと思います。
大体はツイッターのほうで(@BlueLine_Games)呟いてますが、長文記事や大切なことはこちらでもお知らせしていきます。

■Blue Line Gamesの作品とは?

Blue Lina Gamesでは、ネタゲーやホラゲー、乙女ゲーを製作しています。
これらは私が好きなジャンルです。
好きなものを好きなときに作りたい!というスタンスです。

よろしくお願いします。

球児
プロフィール
HN:
球児
HP:
性別:
女性
自己紹介:
Blue Line Gamesの管理人球児がお知らせ等を投稿します
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) Blue Line Games Blog All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]